ciccioneの日記

30歳を過ぎて見切りで会社を退職した人間が、再び収入を得るような仕事に就けるまでの日々を記録していきたい。

久しぶりの再会

「あー疲れたー」

疲れが声に出てしまう。最近はため息だけじゃなく、疲れたを声に出してしまう癖が出てきてしまった。三十路を迎えた女子がこれでいいのだろうか。でも疲れたものは仕方ない。

もちろん職場ではこんなことは口にしない。年相応にしおらしく余裕のある女性を演じている。ただ、仕事に慣れるとおじさまたちのポンコツぶりも見えてくるので、それにも疲れてくる。なんで新入社員の時は威厳を感じていたのかは、今になっては謎に思ってしまう。

耳の中では、ジャスティン・ビーバーが「Sorry〜♪」と歌っている。ポンコツたちもこう謝ってほしいくらいだ。

ん〜、今日はストレスがだいぶ溜まってるな。ビールでも買って帰ろう。

「216円になります」

どうせならでマンションの中にあるベンチで夜風に当たる。昔はこんなことを一人でする日が来るとは思っていなかった。昼間の温かさと比べ随分涼しくなった。

「あっ」

なんとなく聞いたことのある声がした。横を向くと同じコンビニの袋を持って檜山さんが立っていた。

「あっ、すみません!女子一人が何してんだ、ですよね!もう帰りますので安心してください!」

「や、邪魔じゃなければ隣いいですか…?」

「あ、はい。どうぞ…」

まさかの言葉が。なんとなく探していたのに、いざ会うとめっきり何も出てこなくなる。恋らしきものをしばらくお休みしすぎたかな。

「あ、一つどうですか?」

おもむろにビールをくれた。自分も買っていたが、女子が買ってるので大丈夫ですというのもなんか変なような気がしたので、お言葉に甘えてもらうことにした。

「仕事いつもこれくらいの時間ですか?」

「はい、上司が飲みに行きたがって、帰ろうと思う時間に仕事を振ってくるんです」

「どこも同じですねー」

どこか遠くを見ながら交わすたわいもない会話。プライベートには触れない会話。ついつい仕事の愚痴が出る。なぜだかどこか心地がいい。相手のテリトリーに踏み込んでこない会話。気づいたら30分ほど経っていたのに、少し体が肌寒くなって気付いた。

「あ、こんな時間まですみません。話が久しぶりにできてよかったです。まだ残ってるので僕はもうちょいしたら帰るので、先に帰ってくださって結構ですよ」

チラッと時計を見たのに気付いたのか、飲んでるビールの缶を振りながら声をかけてくれた。なんというジェントルマン。でも知ってる、しばらく前にはもう飲み終わっていたことを。ただその言葉に甘えて帰ることにした。

久しぶりに会ったのに疲れた感じがしなかった。そしてまた会う約束なんかもしなかった。またあそこで会うのかな。この歳になるとこれくらいの距離感がなんだか気持ちいい。

髪の毛を返してください

タバコの吸いすぎか?

最近めっきり抜け毛がひどく、だいぶ前頭部から薄くなってきた。やばい、この歳にして禿げてくるとは。禿げで仕事がなくて、ポッチャリ。これはまずい。

いつ坊主にしようか、剃る人のタイミングはみんないつなんだろう。そして坊主は会社勤めしても大丈夫なんだろうか。

将来不安、色々不安。

神様、髪の毛を返してください。

AGAに通いたくてもお金がありません。

主役体質と末っ子気質

世の中には、生まれながらに主役体質の人がいる。そして拭い切れない末っ子気質の人もいる。

主役体質は、別に目立った感じの人ではなく、地味めだけどなぜか輪の中心で話を進める人。もしくは話が振ってくる人。数人の飲み会でなぜか偏って話が盛り上がるグループ。しかも主役体質はバッティングしない。なぜか上手く共存できるのである。これは学校のカースト制度の上層にいる人間たちに近いものを感じる。

そういう場にいると末っ子気質はへそを曲げる。というか曲がってしまう。この傾向は歳をとると落ち着いてくるかと思っていたが、どうやらそうではないらしい。やっぱり根は構って欲しいのである。カーストの上層にいた時には「なに、なに〜?」なんてグイグイ行くから気にしないが、歳をとるとその部分だけ気が回ってしまうようになる。

まぁ、一言で言ってしまえば大人気ないだけなのだが。

飲み会の場で、個室のような場所ではなく賑やかな場所になると話が聞こえなくなる。もうこうなると終わりである。話が主役体質の方で進んでしまうと、末っ子気質ができることは黙り込むことぐらいしかない。

一生懸命話をして構ってもらうほど労力はかけたくない。かと言って、何話してんの?なんて話の腰を折るような真似は歳が邪魔してできない。

ただただタバコをふかして順番が回ってくるのを待つのみ。これが結構ストレスがたまる。そして話が回ってきた時には、へそが曲がりきっているので嫌味がぽろっと出る。で、何あいつ、みたいな空気を作ってしまう。

そんな極端なことは世の中そう起きるものではないとは思うけど、やはり主役体質の人間と末っ子気質はやや相容れないものがあると思う。

ただ違いは主役は輪の中心にいるから気が回りにくいが、末っ子は顔色を伺っているから気が効くタイプであると信じている。

主役体質の末っ子気質は最高だ。あーマジでどうでもいい話だった。

何年、恋を休んでますか?

随分涼しくなってきたものだ。

今日も”ぼやきの山田”に連れられて、いすゞに向かう途中ふと思った。もう秋なんだ、と。

「おーい、檜山行くぞぉ」

いつもの一言でまた行くことになった。でも下心があった。ここに来ればまた彼女に会えるんじゃないかなと。連絡先は聞かなかった。同じマンションだから、どこかで会えるんじゃないかと思って。でも実際はあれ以来会えていない。

目の前では山田部長が上期の終わりも近づき、下期に向けてのことを話している。それに対して、そうですねと相槌を打ちながらちょいちょいと辺りを見回す。やっぱりいないか。扉が開けばついつい見てしまう自分がいる。

部長は相変わらず部の事情について話をしている。時折意見を求められるから、えっと、何の話をしてるんだっけと一生懸命頭をフル回転させ、話を振り返る。気もそぞろだ。

「それにしても最近娘がまた結婚式のことで揉めて、ぶつくさ言ってるんだよ」

急な話の方向転換だな。あ、でも部長の娘さんはこないだ婚約のご挨拶があったって話をしていたよな。どうやって出会って、どうやってお付き合いに至ったんだろう。前回は自分の恋愛事情を聞かれて、「何もないっす」と答えたが、こう気になる人が出てくるとその辺がなぜか気になってくる。

でも自分これは好きなのかな?

「どうした檜山?さっきからチョロチョロと周りを見回して心ここにあらず、みたいになってるけど」

「あっ、いえ何でもないです」

意外と一人で一方的に話しているように見えて人のちょっとした仕草を見てるんだな。

「誰か探してんのか?お前は意外と分かりやすいからな」

なんと。ちょっとした仕草のつもりが、そんなに分かりやすく出てしまっているのか自分?

「まぁ、いい。明日も早いし、今日はこのへんで切り上げるか」

1時間もないくらいの滞在時間。珍しい。部長の顔をよく見たら、まったくお前は、と絵に描いたような顔をしていた。すみません。

結局お店で会うこともできなかった。何を探して、何がしたいんだろう自分。部長と別れたあと、随分と自分の心の中を探ってみたけど何も出てこない。

「恋を、何年休んでますか。」

そんなコピーがあったっけか。相当休んでいます。ちょっとそのコピーに向かって教えを乞いたい気持ちだ。今日もコンビニでビールを買ってベンチで休もうかな。

ちゃっぴいな自分。

最後のデート

突然だったフラれ方。

後悔することたくさん。結婚する気がないなんて言わなければよかった。夜中にちょっと寂しくなってちょっぴり爪痕を残そうとしたりしなければよかった。なんて反省していた。

「昨日は一方的にごめんなさい。もし話すことがあればこれから近くに買い物に行くので・・・」

最後に会うチャンスができた。でももう気が変わらないことは知ってる。それでも会って直接フラれたい。

昼。近所の広い公園で会うことになった。もう向き合うことはない。横並びになって前を向いて話す。時折横を見ながら。

話したことは、今までと変わらなかった。終わりにすることを直接聞くわけでもなく、もうワンチャン欲しいと言うわけでもなく。ただ、今までみたいに彼の愚痴を聞いたり、仕事の話を聞いたり、疲れてるって話を聞いたり。1時間弱ぐらいの会話。季節の変わり目、日陰は少し肌寒くなっていた。

彼女は銀行とスーパーに買い物に行くと言った。

「荷物あるし、帰り車で送ってくよ」

ドライブの約束をしていた。こんな買い物帰りの足だけど、もうこれで本当に最後。ドライブのつもりで声をかけた。

車を取りに帰って、彼女が買い物を済ますのを待つ。家までの30分くらいの最後のデート。話はとりとめのない話。この時間も終わらなければいいのに、ともなんとなく思わなかった。何も終わりに触れない最後のデート。別れも惜しむことなく淡々と。

帰り道、曲も流さずただただ一人の沈黙の中帰る。

初めは話しやすい45度の角度、2回目以降は向き合っての会話、最後は横並びになって話す。向き合い方で人の距離って変わるんだな。最後は同じ景色を見ながら間には距離ができている。

家にあげてもらってハグをしたのが先週なのに、すごい昔のように感じる。最後のデートで最後のお願い。

「連絡はもうしないけど、連絡先を削除するのだけはして欲しくないな」

「りょーかいです」

またいつか会えるのかな。たった2ヶ月の出来事だったけど、ありがとう。

フラれ方は突然に

浮気相手は突然フラれる。

「また連絡待ってる」

「うん」

先週の話。

そして今日。

もう彼とは別れる予定だし、新しい人を見つけたいから、もうこの関係は続けられない。連絡ももう取りたくない。会いたくない。忘れて欲しい。連絡先を消します。

一方的な言葉。

LINEでのやりとり。

こんな悲しい終わり方はあってもいいのでしょうか。

たった1時間もないやりとり。

友人と思っていたのが浮気相手と称され、浮気相手はこんな簡単に捨てられる。そんなものなのだろうか。

悲しい以外の言葉が見つからない今日この頃。

アイディアが出てこない。

最近アイディアが出てこない。

いつもなら朝の散歩に行く時には頭がスッキリ回転をして、散歩中にアイディアが「あっ、こんな風にいけんじゃん!」と神のお達しのように降ってきた。そして、それがだいたい今までで一番いいアイディアだったりするのに、最近はめっきり何も降ってくることがない。

怠惰な生活になっちゃってるからかな。

今までは会社人同様9時には作業に取り掛かっていたものの、最近は夜更かしが多くて朝起きるのが9時になってしまっている。何なら今日は10時に起きてしまった。

そしてまだ眠い。

これじゃぁ、当時の本気のようなことにはならないな。